リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術

私シゲ自身の事ですが、痔ろうの術後5年目を迎えますが、痔ろうはもうほぼ完治と言っていいものと自負してますが、3年前位から両手の子指と人差し指の第一関節が痛むようになり、最近では関節が若干腫れて、ちょくちょく痛むようになって、そろそろ病院に診てもらおうか悩んでますふらふら

もしや、リウマチかそれとも単なる関節の炎症なのか・・・
祖母が同じように77歳で他界するまでリウマチで悩んでた事を思い出すと正直、これはもしや
隔世遺伝なのか・・・

痔ろうは、47歳で他界した父親の遺伝だったし・・・・・


リウマチの治療の多くは、長い時間を必要とします。

あなたは、どのくらい長く、リウマチに悩まされ続けているでしょうか?

もしかしたら、まだ、発症が分かったばかりかもしれませんが、
あなたも、長い間リウマチに悩んでいる人の話は聞いたことがありますよね。

実は、この「長い治療期間」が、薬の副作用リスクを高めてしまうのです。

抗リウマチ薬は、炎症を抑える効果がありますが、
長期使用により、次第に効果が弱くなります。
なので多くの場合、やがてステロイド剤との併用を迫られることになります。

ステロイド剤は注意して使うことで、リウマチの炎症を強力に抑える効果があります。

しかし、あくまで「対処療法」のため、リウマチを根っこから改善する効果はありません。

関節の痛みをやわらげるためには、薬を使い続けなくてはならないのです。

ステロイド剤の使用を、急にやめてしまうと、
ホルモンバランスが崩れ、体調を崩しやすくなることがあります。

つまり、長期間にわたって使い続けるほどに、やめることが困難になるのです。

もし、あなたが、ほかにも治療中の病気があり、薬を飲まれているなら、
副作用のリスクは、さらに高まりますので、とくに気をつけなくてはなりません。

副作用リスクの大きさは、「ステロイド剤 > 抗リウマチ薬 > 非ステロイド剤」です。

しかし、薬の効果というのは、強すぎても、また逆に、弱すぎてもいけません。

したがって、処方の際には、専門の医師であっても、ジレンマに陥るといいます。

もし、あなたが以下のような「身体の異変」を感じたなら?

・ むくみ、だるさがある
・ 身体に湿疹ができた
・ 胃腸に不快感を感じる
・ 急に太りだした、または食欲がなくなった
・ 寝付きが悪くなった

すぐに、医師に相談し、薬の使用を控えるよう気をつけてください。

どれも、「まさか、これが副作用…?」と思って、見過ごしてしまいがちな症状です。

しかし、一歩ふみ込んで、検査をすることが、大切なのです。

なぜなら>>> http://www.infocart.jp/e/50778/13852/


あなたがリウマチがあったとしても悩んでいないのなら
この“リウマチ改善術”大辞典は必要ないのかもしれません。

読んでいただいたあなたのリウマチの悩みを解決したい、
ただそれだけなのです。

あなたが周りの目を気にせずに
そして快適な生活を送れることを祈っております。


>>>今すぐ自分でリウマチを改善したい方はこちらから

人気blogランキングへ
↑参加中です!次回記事を書く励みになりますので、
ぜひ応援のポチをお願いします♪




タグ:リウマチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/202630530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
応援のクリックを是非ともお願いします⇒
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。