裂肛(切れ痔)とは・・・

裂肛(=切れ痔)とは、
肛門縁(肛門の出口)から1.5cmほどの所は表面が皮膚に似た上皮で覆われていて、肛門と呼ばれるが、この部分にできた傷を裂肛という。
主に便秘で硬くなった便を無理に出そうとする時に肛門が裂けたり、便で傷つけることがある。
出血することもあるが、ほとんどの場合少量。

そのまま放置すれば最近感染によって傷が深くなり、内括約筋も含めてかたくなって肛門が狭まる。
その結果ますます便の排泄が困難になり、傷も治りにくくなるといった悪循環に陥ってしまう。
そうなると排便後激しい肛門通に襲われ、ひどくなると数時間から半日以上それが続く。

そして、そのために肛門の外側と内側にいぼができたり、潰瘍ができたりする。

ちなみに切れ痔の外側にできるいぼを「見張りいぼ」というが、
これはこのいぼが内側にもいぼがあることを証明しているからである大部分は手術せずに薬で治ります。

薬で良くならないとき、肛門が狭いときには、
外来処置(内括約筋切開)をすることがあります。
慢性化して難治のものは手術をします。
タグ:裂肛 切れ痔

痔核(イボ痔)とは・・・

イボ痔は排便時や長時間座りっぱなしなどで刺激を受けた肛門の血管が、部分的に腫れてイボ状になったもの。

疾患で最も多いのがこのタイプ。

肛門の歯状線の部分より、外側にできたものを外痔核、内側にできたものを内痔核という。
内痔核は痛みがないが出血しやすく、外痔核は出血は少ないが痛みがあるという特徴がある。

イボ痔の最初の症状は出血です。
「うんち」をする時、真っ赤な血が便器に飛び散ったのを見て、驚いて肛門科に来られます。
特に、出血に免疫の無い男性ではびっくりする方が多いようです。
神経が無い場所ですので、出血しても痛みはありません。
イボ痔が進行すると肛門の外に出てくるようになります。
  
脱肛と云う状態で、排便時に起こります。
排便後、自然に肛門の中に戻る場合はまだ我慢出来ますが、手で押し込んだりしなければ戻らない場合や、出っぱなしという状態になれば大変です。

イボ痔で困ったと云う人には、色んな治療法があります。
出血しただけのイボ痔や、排便時に脱肛はするが自然に肛門内に戻るといった軽めのイボ痔には座薬が有効です。

手を使わないと戻らないとか、出っぱなしの脱肛は手術で治します。
に流れ込む動脈を結んで、イボ痔を切り取る方法が基本となっています。
最近の手術で行う際は、超音波切開装置を用いて出血を少なくするようにしている専門医も多いようだ。
  
また最近、発想の転換でPPHという全く新しい術式が開発されました。
この術式はイボ痔を切り取る事なく、脱出しているイボ痔を肛門の中に納めるという方法で、術後の痛みがなく、仕事への復帰も早いというすぐれた方法です。

痔ろうとは・・・

痔ろう(痔瘻=あな痔)は肛門上皮と直腸の境にある肛門腺に細菌感染がおこり、
肛門周囲膿瘍が慢性化したものです。
治療はこの肛門腺の切除が必要になります。

イボ痔やキレ痔の場合は軽い時期には薬で治療することもできるが、痔ろうの場合は早めの手術しか方法はないらしい。

手術といっても、痔ろうにも初期段階の浅いタイプから深いタイプまであるようなので、早めの診察を受けて手術したほうがいいです。

痔ろう(あな痔)は、
膿の出口となった皮膚の傷口がふさがっても、一旦できたトンネルはなくなりません。症状が落ち着いても治ったわけではなく、痛みや腫れが再発することがあるため油断は禁物。
まれにですが、10年以上治療せず放置しておくと「ガン化」することもありますので、早めに専門医を受診するよう心がけましょう。

一般に痔の症状が出たときは患部を「温めて症状を緩和させる」とされていますが、痔瘻の症状が出たら患部を「冷やして症状を緩和させる」よう心がけましょう。自己判断は禁物!

私の場合は23年間、市販の塗り薬や飲み薬でごまかし過ごしてきましたが、その間2回の切開術や10数回にわたる自壊で膿みをだしてたこともあり、そうとう深い厄介な状態だったらしいです。
私の憎き痔ろう(大痔主)のタイプはW型に近い「V型:坐骨直腸窩(肛門挙筋下)痔ろう」との事だ!


肛門周囲膿瘍とは・・・

肛門周囲に膿がたまった状態です。肛門の感染症で痔瘻の前段階といえます。

原因として歯状線にある小さなくぼみ、肛門陰窩(こうもんいんか)から便の中の細菌が侵入します。丁度、歯のすきまに口の中のばい菌が入り込んで虫歯になるのと似ています。(むしろ、歯槽膿瘍に近い)。

そして陰窩に連絡する肛門腺(こうもんせん)に感染が生じ、その肛門腺の感染をもととして肛門周囲に感染が波及し生じる病気です。

症状は、膿がたまるわけですから、腫れます。
そして激しい痛みを伴います。痛みは排便とは特に関連しません。座ることができないとか、夜寝ていても痛いという状態になります。

膿が大量にたまり皮下にまで及んでくると、その部位の皮膚が赤くなります。いちばん特徴的なのは発熱を伴うことです。37℃以上、時には40℃以上の熱が出ます。切開するか、自然と破けるかして膿が出てしまうと腫れは引き、痛みも消失します。

治療法としては、一刻も早く外来でメスで切開して膿を出します。これでとりあえず症状はよくなります。
しかし、これは応急処置です。
いずれ大部分の方が痔ろうに進展します。そうなると、入院のうえ、私のように痔ろうの根治手術をする必要があります。

痔の種類

とは肛門と肛門周辺の病気の総称です。

「日本人の3人に1人は痔に悩んだことがある」と言われるほど、たいへん身近な病気です。

痔は大きく分けて痔核(イボ痔)裂肛(切れ痔)痔ろう(あな痔)の3つに分けることができます。
痔のうち、約半数程度を占めるのが痔核です。裂肛、痔ろうはそれぞれ半々位となります。

もし不安になる要素があったら、専門医に相談してみましょう。

次回の記事から、私が経験した肛門周囲膿瘍から順に痔ろう
痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)を書いていきます。
応援のクリックを是非ともお願いします⇒
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。