痔に悩んだ歴史上の有名人カテゴリの記事一覧

痔に悩んだ歴史上の人物と治療法の歴史

”に悩んだ歴史上の人物と治療法の歴史

世の東西を問わず、歴史上には痔に苦しめられた有名人がいました。
1800年代、フランスでに苦しんだ有名人は、なんと生きたヒルを治療に使っており、一方、江戸時代の日本で苦しんだ有名人は、ある植物を治療に用いました。

フランスで、痔に苦しめられた有名人。それは誰あろう、当時の最高権力者である皇帝、ナポレオン
馬に乗る軍人であったためか、28歳でを患い、51歳で波乱の生涯を閉じるまでの長い間、の痛みに苦しみ続けました。
ナポレオンが患ったのは、イボ痔
1815年、ナポレオン、最後の戦場として歴史に名高い「ワーテルロー」。
ここで彼は、ヨーロッパ連合軍に大敗するのですが、実はこの敗戦、痔の痛みが原因ではないかという説もあります。

ナポレオンの関係について、詳しく調査して書かれた本によりますと、ナポレオンの痛みで、ほとんど一晩中まんじりとも出来なかった。
結果、集中力を欠き、戦に敗れてしまったというのです。
そこでまで苦しめられていたに対してナポレオンが治療に使っていたものとは・・・?

なんと、生きたヒル!

当時のヨーロッパでは、悪い血を生きたヒルに吸わせるという治療方法が流行っていたのです。


かたや、江戸時代の日本で、の痛みに苦しめられていたのは・・・?

俳句の世界において不世出の人物、松尾芭蕉
芭蕉が、東北・北陸・近畿地方を160日間かけて歩き、書き残した「奥の細道」。
こちらには、「持病が起こり、死にそうな思いをした」と記されています。
その芭蕉を苦しめた持病とは、切れ痔
切れ痔であった芭蕉は、奥の細道を旅していた間も常に痔の出血に苦しみ続けていたのですね。
この時代に痔の薬として主に使われていたのは、アカメガシワという植物の花から作ったもの。
アカメガシワには、「ペルゲニン」という炎症を抑える成分が含まれています。
そこで、その花を蒸し焼きにしてすり下ろし、患部に塗る。
すると痔の腫れや痛みが治まったそうです。

江戸時代から時は流れて、文明開化の明治時代。
その頃、に悩まされたのは、『坊ちゃん』や『我輩は猫である』で知られる文豪、夏目漱石
彼は長年、痔ろうに悩まされ、実に2回に渡り手術を受けています。
当時、痔ろうの手術は今と違い痛みが激しく、なんとその経験は漱石最後の小説「明暗」にまで描かれています。
『明暗』は、主人公が痔の診療を受ける場面から物語が展開しているのです。

そして漱石と親友であり、日本の歴史に残る俳人、正岡子規
彼もまた痔ろうを患い、その痛みには非常に苦しめられていたようです。
これは、漱石と子規の間で長年に渡って交わされた手紙をまとめた本ですが、
子規は同じ悩みを知る親友、漱石に宛て、「痔疾ニ秘結ナドトクルト後ヘモ先ヘモイカズ」
痔ろうに苦しめられた経験を切々と書きつづっています。

このように、一日中座っている作家や、馬に乗ることが多い軍人など、
は古くから多くの有名人を悩ませてきた病気だったのです。

【メディカルα 第36回痔のクスリより引用】
応援のクリックを是非ともお願いします⇒
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。