痔に効果的な入浴方法カテゴリの記事一覧

お風呂でエステ<美容&健康法>

風呂を楽しむ『湯の国Web』
こちらは、私が最も詳しく書かれているなと思ったサイトを紹介させていただきます。
お風呂や入浴法など、とても充実した内容満載です。

<お風呂でエステ・目的別プログラム>
あなたのバスタイムをより有効なものにするバスルームプログラム。
ここでは目的別にプログラムを選んでいただけます。
自分の目的にあったものを自由に組み合わせてあなたのオリジナル
プログラムを組み立てて下さい。

※空腹、満腹、アルコール飲酒、体調不良時の入浴は避けてください。体調に十分に配慮し、無理のない範囲で行って下さい。本プログラムの実行による一切のトラブルについての責任は負いかねますのでご了承下さい。

癒し効果たっぷり「ミスト浴」
ダイエットに最適な「高温反復浴」
冷え性ケアに最適な「温冷交代浴」
効果いっぱい「半身浴」
目的にあわせて「シャワー活用術」
足浴、手浴、手軽な「部分浴」
親子でお風呂エクササイズ
高齢者に安心な入浴法

風呂を楽しむ『湯の国Web』様、誠に有難う御座います。感謝します!


痔に効果的な入浴方法と洗い方

日本人の3人に1人は経験したことがあると言われる「」。
そのつらい痛みのほとんどが、入浴だけで和らぐことをご存じでしょうか?
入浴の症状改善の重要な切り札の一つで、湯船にゆっくりつかることが、医学的にみても効果があるとされています。
滞っていた血行が改善し、のつらい痛みが和らぐといわれています。

どうして湯船につかるだけでが改善するのか。
それは、になる原因と関係があります。
の原因として、真っ先に挙げられるのは便秘や下痢といった排便異常。
だがそのほかに、長時間同じ姿勢を続けたり、体が冷えることなどによって肛門周囲の血液循環が悪化し、うっ血が生じることも、を引き起こす原因となっています。
ですからきちんと毎日入浴することをおすすめします。

入浴時の注意点として、石けんの使いすぎやこすりすぎはよくありません。
肛門を清潔に保つことは重要ですが、やりすぎては、皮膚のただれやかゆみを招き、逆効果になってしまいます。
石けんを泡立てて、その泡でやさしく洗う程度にしよう。

「ツボをおす」という健康法はよく耳にしますが、実際自分でツボを探すのは素人には難しいことです。
シャワーならば正確な一点ではなく一度に幅広く刺激することができるので「このあたり...」という
おおまかな位置を知っていれば十分。ですから簡単、手軽にツボを刺激することができます。
★ 温水シャワーの温度は43℃が目安です。シャワーを当てるとやや熱く感じるくらい。
★ シャワーヘッドを絞る、またははずすとより効果的

の人はこのツボを
は血液循環が悪くなっておこるため、血行をよくしてあげることが大切です。
肛門周辺を温水1分、冷水5秒、と交互に刺激します。
計2〜4分間くらいを目安にして下さい。

入浴法
まずお湯の温度は40℃以下(38〜40℃)に設定します。20〜30分の間ゆっくりつかり血行を促進させましょう。
ぬるいお湯は副交感神経を優位にして、心もカラダもゆったり気分にさせてくれます。

次に湯温を42℃以上に上げて腰湯をします。時間は数分でかまいません。
この間に肛門を引き締めたり緩めたりといった運動を行ったり、指で患部をかるくマッサージしたりするとよいでしょう。

座浴
痛む時には手軽にできる座浴がオススメです。また入浴後バスタブから出た後に行うプラスケアとしてもオススメします。
洗面器などにぬるま湯をはり、殺菌作用の高いエッセンシャルオイル「ティートリー」や「ラベンダー」を2,3滴落とし患部だけを10分ほどひたしましょう。

風呂を楽しむ『湯の国Web』より引用

タグ: 入浴法 座浴
応援のクリックを是非ともお願いします⇒
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。